自宅で売電事業のはじめ方


調機能付きLED電球を調光機能付き白熱灯につけていいのか。

DSC_0918.jpg

 

今仕事部屋で使っている天井照明は、丸型の蛍光灯です。

【現在=丸型40W 2680 lm】の消費電力となっています。

 

そこで、いろいろ調べたら、LED電球も安くなっているので、

電球型の天井照明に替えようか・・・

といろいろ計算していまして・・

 

さらに、LED電球もたくさん種類があって、いろいろ買っちゃいました!!

ほとんどがパナソニック製ですが、LED電球型のシーリングライトだと、自分で交換できる!というのは大きなメリットです。

今のLEDシーリングライトは、確かに安いですが、電球の交換ができない設計になっていて、

まあ10年くらいはもつようですが、なんとなく、電球型にこだわって計算したのが、下。

●E-CORE LDG13L-H/100W [電球色]
1340 lm ×3=4020 lm    13w×3=39w      7,350円
1340 lm ×2=2680 lm    13w×2=26w      4,900円

●LDA16L-G/100W [電球色]
1520 lm ×2=3040 lm    15.7W×2=31.4w  6,392円

●LDA11L-G/80W [電球色]
1160 lm×3=3480 lm     10.6w×3=31.8w  7,170円

●E-CORE LDA8L-G/60W [電球色]
★810 lm  ×4=3210 lm    7.8w×4=31.2w 4400円
810 lm  ×3=2430 lm    7.8w×3=23.4w  3,300円

●エルチカ GH-LDA11L-G/D [電球色]
800 lm  ×4=3200 lm 10.8W×4=43.2w 5920円

800 lm ×2+485 lm ×2=2,570 lm  10.8W×2 7.8W×2 =37.2w 4,974円

●エルチカ GH-LDA8L-G/D [電球色]
485 lm ×4=1940 lm 7.8W×4=31.2w 4,028円

 

わけが分からないと思いますが・・何個のLED電球をつけたら、どれくらいの明るさでいくらになるのか。というおぼえがきです。

結局、810メルーンの電球を4こ付けたら、明るさも現在程度で、コスパがよいということがわりました。

 

LED電球の選び方はいろいろありますが、売れているラインでそろえるのが、一番安く効果的・・ということが上のおぼえがきからわかります。

 

  1. 調機能付きLED電球を調光機能付き白熱灯につけていいのか。

 

ちなみに、玄関灯で従来の電球型を使っているケースは、ほとんどが、

調光機能が付いていて、LEDも調光機能付きを買えばいいんじゃないの??

と思ってしまいますが、実はLEDが寿命前に壊れたり、ちらつくケースが多いようです。

オーデリック製だったので、メーカーに問い合わせましたが、

LED専用機でないと、LED調光機能付きは使わないでください。。との回答でした。

この問い合わせが頻繁にあるそうで、技術的なことはわかりませんが、

白熱用のソケットだと、電子基盤で流れる電気を制御しているのですが、もわ?と明るくなったり、使わないときは10%の明るさに落としたり・・

これはあくまでも、白熱用の制御で、LEDだと、電気が流れすぎて、壊れやすくなる。もしくはちらつ、という現象が起こる。

というのが個人的な解釈です。レビューで1年以内に調光機能付きLEDが壊れた・・というのはこれが原因じゃないかなぁ?

白熱用ので調光機能がある照明器具はけっこう多く、トイレにもついていました。

 

照明ごとLEDに変えるのはもったいないので、

よけいな制御基盤だけとってしまって、直接LED電球を差し込めるようにすればいいんじゃない?

と考えたのが、引掛けシーリングアダプターを使うことでした。

seling.jpg

これは、引掛けシーリングに笠をつけて固定するだけの簡単なアイテムですが、

もともとついていた笠だけを取り外して、引掛けシーリングアダプターで天井に固定しただけです。

これで、電球型の天井照明でも、見かけは以前と変わらずに、余計な調光機能を取り除いて、

どんなLED電球でも直接接続できたわけです。

 

ややこしい話しですが・・・LED電球は高価ですので、本来の寿命を全うさせる手段としてご参考までに?

(これは白熱灯形天井照明で調光機能の付いた照明器具で、LED電球を使う場合の話しです。もちろん、調光機能はなくなります。まあ、もわ?っと明るくなったり、ゆっくり消えたり・・などの機能はいらないですが・・)


太陽光発電の維持・メンテナンスのツボとは

 

太陽光発電システムを維持するには、メンテナンスが必要になります。

はじめに多くの投資をするのが、太陽光発電システムですが、維持・メンテナンス費用はどれくらいかかるのでしょうか。

 

ここはしっかりと抑えておきたいポイントです!

 

もっとも壊れやすいパーツが、パワーコンディショナーです。

(電流を変換するパーツです。)

 

使用条件や、メーカーの品質にもよりますが、

パワーコンディショナーは、10年使用すると3割くらいは、何かしらのトラブルが発生するといわれています。

だいたい、10年くらいで修理、又は交換する必要があるのが、パワーコンディショナーととらえておきましょう。

 

壊れにくいのが太陽光パネル

太陽光パネルは、保障が10年以上あるメーカーもあり、壊れにくいパーツです。

パネルのメンテナンス自体も、ガラスの基盤の中に接着剤で半導体が閉じ込められている構造で、

修理をするのが難しい構造になっています。

 

現在、流通している太陽電池は、半導体が使われていますが、

半導体そのものが壊れることはめったにありません。

 

パネルが故障する原因は、半導体と配線ケーブルの半田付けの接触不良などが多いです。

 

また、電極が劣化したり、ガラスと半導体の間の接着の不具合から、

水が進入したり、砂など異物が混入すると発電量が低下したりします。

 

パネルは通常屋根の上なので、壊れているか、自分で確認しずらいパーツです。

しかし、家庭用システムの多くは、

ネット回線を通して発電量の低下やトラブルをチェックするプログラムが組んであり、

屋根に上らなくても、不具合を把握することができます。

 

 

 


太陽光発電アドバイザーのDVD教材

太陽光発電にたずさわる方も増えてきました。

体系的に知識を習得したい。

という方も多いのではないかと思います。

アマゾンでも、NPO法人 日本住宅性能検査協会 が出版している
“太陽光発電アドバイザー試験公式テキスト”が販売させています。

このテキストをDVDで解説してあるのが
“太陽光発電アドバイザー スピード合格講座”だそうです。

このDVDは、不動産総研の公式サイトでも販売されています。


まだ、日本で太陽光が普及してから、
成熟していない面もありさまざまなトラブルなども発生しているようです。

太陽光発電は、いわばコンサルタント的な知識が必要です。

機材の購入だけでなく、設置、運用だけでなく、
法律や行政上のさまざまな問題が複雑にからんできます。

消費者目線で、最適な提案をしたい

その入門知識が得られるのが“太陽光発電アドバイザー スピード合格講座”です。

設置したい人にとって本当に知りたい情報や、助言などの知識を体系的に学べます。

特に、“太陽光発電アドバイザー試験公式テキスト”だけでは理解しにくい

という方は、DVD講座をみれば、立体的に理解できるのではないでしょうか。

昨年の10月にはじまったこの資格ですが、
2013年現在では、約1600名が太陽光発電アドバイザーとして登録しているようです。


トリナソーラーの保障は25年

トリナソーラーのパネルってどうなの?

トリナソーラーという外国製の太陽光パネルが最近流通しています。
性能や耐久性も気になります。

Trinasolar.jpg

英語では Trina solar と表記します。

ちょっと調べてみると、世界的なシェアがあり(売り上げ4位)、
保障期間が、なんと25年だそうです。

カナディアンがたしか20年だったような・・

2008年=11位
2009年=7位
2010年=6位
2011年=4位

という業界売り上げでした。

この伸び率は飛躍的ともいえますが、
気になるのは倒産です。

保障期間が長くても、倒産してしまっては
もともこもありません。

トリナソーラーの企業力を今後、
見守っていきたいとこです。

無料の現地調査依頼なども
各種の見積もりサイトでできるので
現場の担当者に評判を聞いてみるのもいいですね。


ソーラーパネルの価格は同じメーカーでも業者によって違った!?

ソーラパネルの価格は、業者によって違います。
キロワット数によっても違います。

まずは、シャープ、パナソニック、東芝など、
どのソーラーパネルにするか決め手から、
複数の業者から見積りを取って選ぶのがいいと思います。

それからでも全然遅くありません。
高い買い物だから、じっくりと検討するといいと思いますよ。

注意しなけばならないことは、
ちゃんとした業者を選ぶことです。
ちゃんとした業者はメーカーから出された正規施工IDをもっています。

また、雨漏りなどのトラブルのときも
保険に加入している業者なら、安心できます。

業界のことがよくわからない。

というのであれば、事前に第三者が審査してくれる
サイトから、一括見積りを取るのがラクですよ。



>>正規施工IDと保険加入の業者だけ厳選しているサイトはこちら


世田谷区の太陽光発電は本当に安いのか?

世田谷区では太陽光発電を普及させるために
区民が安く設置できる「せたがやソーラーさんさん事業」というのを始めたらしい。

2012年の8月から世田谷区の1000戸の住宅を対象にしていました。
群馬県の太田市でも同じ様な募集をしていましたが、
東京ではここが初めてではないでしょうか。

世田谷サービス公社によると
一般住宅の太陽光発電システムが
200万円程度で販売されるらしい。

さらに、世田谷区では平成21年度から23年度まで
太陽光発電パネルの設置をすると
1件につき10万円の補助金も出るという大開放。

実際に「せたがやソーラーさんさん事業」を利用して
太陽光発電システムの見積もりを出したときに

一般の業者とどれくらいの差がでるのかは・・
他の業者と比較してみないとわかりません。

一括見積もりサイトなどで比べてみるのが確実です。

>>住所と設置面積と入力するだけの見積もり比較はこちら


太陽光発電 補助金には3種類あった

国・政府が出す補助金で1年間を通じて支給されています。
されているもので件数が決まっているので早い者勝ちです。

solar09.jpg

このほかにも都道府県が出す補助金、市区町村単位で出す補助金の3つがあります。

大変面倒くさいですが、自分の住んでいる地域を調べて補助金額を算出する必要があります。
自分の住んでいる県や自治体によって大きく金額がかわります。

太陽光発電の一括見積もりサイトを国内最大級の規模で行っている
I&Cクルーズという会社です。solar04.jpg


屋根への太陽光設置。どういったトラブルがあるか。

屋根に穴を開けたままその後の保障はしないというクレームもあるのが現実です。

保障がどうなているのかは事前に確認すべき項目です。
メーカー保障なのか、販売会社保障なのか。

solar02.jpg

ソーラパネル自体の保障はメーカーで行っています。
注意点はメーカー正規資格をもった人が取り付けないとメーカー保障がおりないことです。

パネルの設置方法や研修を受けた人がつけないとメーカー保証がおりないことになっています。
一方、工事に関しては工事する会社が保障を持つことになっています。
製品の保証と工事の保障がわかれていて両方を書面で確認することにしましょう。

>>製品保障と工事保障の2つを満たしているサイトはコチラ

メーカー自体がちゃんと保障していてもつける会社がいいかげんだと何の保障もつけられなくなります。
そういった意味でも優良会社だけを集めた一括見積もりサイトを選ぶことが重要になってきます。

どうしても高額な買い物ですし、一生に一度の買い物なので
慎重にちゃんとした業者選びをしましょう。


ソーラーパネルは物の価格ではない

自動車の見積もりと違って太陽光発電の見積もりは
組み合わせもたくさんあります。

パネルメーカー、使う部材、どういった目的の発電をしたいのかにより
オーダーメイドで作っていくシステムです。

solar03.jpg

販売会社や工務店の提案スキルも大切になってきます。

自宅の屋根に穴を開けるのはリスクの高い作業です。
住宅に負荷のかからない提案をする技術を業者がもっていることが大切になってきます。


発電効率のもっとも高い地域とは

沖縄が暑いから最も発電できるわけれはありません。

実は北海道と沖縄では発電量がかわらないのです。

日本では静岡県が安定した気候で日射量も多い地域が発電効率がよいといわれています。
日照時間が発電効率ともっとも関係しているのです。

どのメーカーが優秀なのかはもっとも気になる話ですが、
実はテレビといっしょでほとんど優劣がつけがたいのがソーラーパネルです。
その中でも発電効率や発電量でいけば
日本のパナソニックと東芝がもっとも優れているといわれています。
ただし、発電力が高い製品は価格も高くなる傾向です。
どのメーカーを選べばいいのかは悩みところです。

solar01.jpg

一括見積もりサイトの中には、
このメーカーなら何年で回収できるといったシュミレーションを摂れるところもあります。
それを参考に自分に合ったメーカーを選ぶこともできます。
どちらかというと家電を買うというよりも金融商品を買う感覚なのがソーラーパネルです。

屋根の形や屋根の材質、屋根の向きや勾配によっても見積もりは違ってきます。
そんな中で自分の家と相性のよいパネルがありますので、
何も知識がない場合にはプロに相談することがはじめの一歩になります。