サンプル画像

家庭用蓄電池の価格下落で普及へ

kateiyou_chikudenchi_1.jpg

 

今後、家庭用蓄電池が一気に広がる可能で意がでてきました。
今までの最大のネックが価格。
1018年の12月現在、家庭用蓄電池の価格が下落傾向にあります。

価格下落の要因として生産コストを下げる技術開発があります。
2010年ごろ、リチウムイオンが出現し始めました。

当時の価格は2.5キロワットの容量で200万円もしました。
現在は技術開発のみならず、部材価格も下がり、
同じスペックで100万円程度となっています。


特に日揮は太陽光で発電した電力を直流のまま蓄電池に貯めることができる技術を開発しました。

従来は交流と直流を交互に切り替える変換装置が必要でしたが、
電力のロスを減らすことが可能になりました。

また、製造コストを2、3割圧縮する秘術でもあります。

家庭用蓄電池は震災時の電源としても受容があります。
特に北海道の自信で災害時の非常用電源として注目されてきました。

今後、もうすこし価格の引き下げが起これば、
一気に広がりをみせそうな予兆もあります。

↓↓アマゾンで最新のポータブル電源の価格をチェック↓↓