調機能付きLED電球を調光機能付き白熱灯につけていいのか。

DSC_0918.jpg

 

今仕事部屋で使っている天井照明は、丸型の蛍光灯です。

【現在=丸型40W 2680 lm】の消費電力となっています。

 

そこで、いろいろ調べたら、LED電球も安くなっているので、

電球型の天井照明に替えようか・・・

といろいろ計算していまして・・

 

さらに、LED電球もたくさん種類があって、いろいろ買っちゃいました!!

ほとんどがパナソニック製ですが、LED電球型のシーリングライトだと、自分で交換できる!というのは大きなメリットです。

今のLEDシーリングライトは、確かに安いですが、電球の交換ができない設計になっていて、

まあ10年くらいはもつようですが、なんとなく、電球型にこだわって計算したのが、下。

●E-CORE LDG13L-H/100W [電球色]
1340 lm ×3=4020 lm    13w×3=39w      7,350円
1340 lm ×2=2680 lm    13w×2=26w      4,900円

●LDA16L-G/100W [電球色]
1520 lm ×2=3040 lm    15.7W×2=31.4w  6,392円

●LDA11L-G/80W [電球色]
1160 lm×3=3480 lm     10.6w×3=31.8w  7,170円

●E-CORE LDA8L-G/60W [電球色]
★810 lm  ×4=3210 lm    7.8w×4=31.2w 4400円
810 lm  ×3=2430 lm    7.8w×3=23.4w  3,300円

●エルチカ GH-LDA11L-G/D [電球色]
800 lm  ×4=3200 lm 10.8W×4=43.2w 5920円

800 lm ×2+485 lm ×2=2,570 lm  10.8W×2 7.8W×2 =37.2w 4,974円

●エルチカ GH-LDA8L-G/D [電球色]
485 lm ×4=1940 lm 7.8W×4=31.2w 4,028円

 

わけが分からないと思いますが・・何個のLED電球をつけたら、どれくらいの明るさでいくらになるのか。というおぼえがきです。

結局、810メルーンの電球を4こ付けたら、明るさも現在程度で、コスパがよいということがわりました。

 

LED電球の選び方はいろいろありますが、売れているラインでそろえるのが、一番安く効果的・・ということが上のおぼえがきからわかります。

 

  1. 調機能付きLED電球を調光機能付き白熱灯につけていいのか。

 

ちなみに、玄関灯で従来の電球型を使っているケースは、ほとんどが、

調光機能が付いていて、LEDも調光機能付きを買えばいいんじゃないの??

と思ってしまいますが、実はLEDが寿命前に壊れたり、ちらつくケースが多いようです。

オーデリック製だったので、メーカーに問い合わせましたが、

LED専用機でないと、LED調光機能付きは使わないでください。。との回答でした。

この問い合わせが頻繁にあるそうで、技術的なことはわかりませんが、

白熱用のソケットだと、電子基盤で流れる電気を制御しているのですが、もわ?と明るくなったり、使わないときは10%の明るさに落としたり・・

これはあくまでも、白熱用の制御で、LEDだと、電気が流れすぎて、壊れやすくなる。もしくはちらつ、という現象が起こる。

というのが個人的な解釈です。レビューで1年以内に調光機能付きLEDが壊れた・・というのはこれが原因じゃないかなぁ?

白熱用ので調光機能がある照明器具はけっこう多く、トイレにもついていました。

 

照明ごとLEDに変えるのはもったいないので、

よけいな制御基盤だけとってしまって、直接LED電球を差し込めるようにすればいいんじゃない?

と考えたのが、引掛けシーリングアダプターを使うことでした。

seling.jpg

これは、引掛けシーリングに笠をつけて固定するだけの簡単なアイテムですが、

もともとついていた笠だけを取り外して、引掛けシーリングアダプターで天井に固定しただけです。

これで、電球型の天井照明でも、見かけは以前と変わらずに、余計な調光機能を取り除いて、

どんなLED電球でも直接接続できたわけです。

 

ややこしい話しですが・・・LED電球は高価ですので、本来の寿命を全うさせる手段としてご参考までに?

(これは白熱灯形天井照明で調光機能の付いた照明器具で、LED電球を使う場合の話しです。もちろん、調光機能はなくなります。まあ、もわ?っと明るくなったり、ゆっくり消えたり・・などの機能はいらないですが・・)

関連記事
  1. 調機能付きLED電球を調光機能付き白熱灯につけていいのか。
      今仕事部屋で使っている天井照明は、丸型の蛍光灯です。 【現在=丸型40W 2680 lm】の消費電力となっています。   ...
  2. 太陽光発電の維持・メンテナンスのツボとは
      太陽光発電システムを維持するには、メンテナンスが必要になります。 はじめに多くの投資をするのが、太陽光発電システムですが、維持・メンテナン...
  3. 太陽光発電アドバイザーのDVD教材
    太陽光発電にたずさわる方も増えてきました。 体系的に知識を習得したい。 という方も多いのではないかと思います。 アマゾンでも、NPO法人 日本住宅性能検査協会 ...
  4. トリナソーラーの保障は25年
    トリナソーラーのパネルってどうなの? トリナソーラーという外国製の太陽光パネルが最近流通しています。 性能や耐久性も気になります。 英語では Trina sol...
  5. ソーラーパネルの価格は同じメーカーでも業者によって違った!?
    ソーラパネルの価格は、業者によって違います。 キロワット数によっても違います。 まずは、シャープ、パナソニック、東芝など、 どのソーラーパネルにするか決め手から...
  6. 世田谷区の太陽光発電は本当に安いのか?
    世田谷区では太陽光発電を普及させるために 区民が安く設置できる「せたがやソーラーさんさん事業」というのを始めたらしい。 2012年の8月から世田谷区の1000戸...
  7. 太陽光発電 補助金には3種類あった
    国・政府が出す補助金で1年間を通じて支給されています。 されているもので件数が決まっているので早い者勝ちです。 このほかにも都道府県が出す補助金、市区町村単位で...
  8. 屋根への太陽光設置。どういったトラブルがあるか。
    屋根に穴を開けたままその後の保障はしないというクレームもあるのが現実です。 保障がどうなているのかは事前に確認すべき項目です。 メーカー保障なのか、販売会社保障...
  9. ソーラーパネルは物の価格ではない
    自動車の見積もりと違って太陽光発電の見積もりは 組み合わせもたくさんあります。 パネルメーカー、使う部材、どういった目的の発電をしたいのかにより オーダーメイド...
  10. 発電効率のもっとも高い地域とは
    沖縄が暑いから最も発電できるわけれはありません。 実は北海道と沖縄では発電量がかわらないのです。 日本では静岡県が安定した気候で日射量も多い地域が発電効率がよい...