サンプル画像

太陽光発電の維持・メンテナンスのツボとは

 

太陽光発電システムを維持するには、メンテナンスが必要になります。

はじめに多くの投資をするのが、太陽光発電システムですが、維持・メンテナンス費用はどれくらいかかるのでしょうか。

 

ここはしっかりと抑えておきたいポイントです!

 

もっとも壊れやすいパーツが、パワーコンディショナーです。

(電流を変換するパーツです。)

 

使用条件や、メーカーの品質にもよりますが、

パワーコンディショナーは、10年使用すると3割くらいは、何かしらのトラブルが発生するといわれています。

だいたい、10年くらいで修理、又は交換する必要があるのが、パワーコンディショナーととらえておきましょう。

 

壊れにくいのが太陽光パネル

太陽光パネルは、保障が10年以上あるメーカーもあり、壊れにくいパーツです。

パネルのメンテナンス自体も、ガラスの基盤の中に接着剤で半導体が閉じ込められている構造で、

修理をするのが難しい構造になっています。

 

現在、流通している太陽電池は、半導体が使われていますが、

半導体そのものが壊れることはめったにありません。

 

パネルが故障する原因は、半導体と配線ケーブルの半田付けの接触不良などが多いです。

 

また、電極が劣化したり、ガラスと半導体の間の接着の不具合から、

水が進入したり、砂など異物が混入すると発電量が低下したりします。

 

パネルは通常屋根の上なので、壊れているか、自分で確認しずらいパーツです。

しかし、家庭用システムの多くは、

ネット回線を通して発電量の低下やトラブルをチェックするプログラムが組んであり、

屋根に上らなくても、不具合を把握することができます。