サンプル画像

発電した電気を運ぶ送電網が足りない

東北で発電した電気を消費地である都市に送るには
大規模な送電線の整備も必要です。


特に北海道の北部は2014年現在、日本の「風力発電の半分」を占める地域です。

400万キロワット近い風力発電の電力が期待できる地域です。

ソフトバンクはここで大きなプロジェクトを立ち上げようとしています。

ソフトバンクの子会社SBエナジーを立ち上げて
北海道で150機以上の風車を設置する計画だそうです。

しかしここで問題となっているのが
北海道と本州を結ぶ北本連系とよばれる送電設備です。


本州と北海道を結ぶ唯一の電力供給設備です。

現状では容量が不十分でさらに大規模にするには
5000億円かかるといわれています。

北海道で発電しても、本州に流さないと意味がないという考え方です。

ひとつの会社の努力で北本連系を太くしていくのは難しい話です。

いろいろな企業や関連団体、国が協力しながら進めていく必要があります。

国が主導して枠組みを作っていく必要もでてきます。

>>再生可能エネルギーのビジネスで大きな鍵を握っている送電網の強化