発電した電力をどうやって運ぶのか。日本の送電網の問題点。

送電網のインフラ整備の遅れがあります。

ある日突然、不透明な理由でつなげなくなった

ビジネスをしていて、変動電源で電気が送れなくなった。
つまり、電気を送れなくなるということもでてきています。

太陽光のビジネスを準備していて
突然、変動電源で送電を断られるという事態になると困ってしまいます。
ビジネスの拡大も一歩踏み出せません。


そこには送電網の容量オーバーという問題点がでてきます。


2014年、東京で再生可能エネルギーの展示会が開かれました。

国内外1200以上のメーカーが参加していました。
独自の技術を売り込みました。

各社が特に力を入れていたのが
太陽光よりも出力が大きい「風力発電」です。

アメリカのゼネラルエレクトリック社は
台風の多い日本でも効率よく電力を発電できる風車を開発しています。

一方、再生可能エネルギーを普及させる上で
大きな問題として認識されているのが送電網の問題です。

オフグリットと同つなげるのか

また、風の多い地域は北です。
東北には風の多い地域が多くありますが、
電力消費は少ない地域でもあります。

そこから「風力電力」を送ろうと思うと
送電網も強化しなけれななりません。

>>自社で送電網を作ることの大きなコスト負担の事例

関連記事
  1. 送電網の強化が今後の鍵
    日本の送電網は北海道と東北をつなぐ北本連系だけでなく 地域内の送電線も含めてきわめて貧弱だった・・。 という問題がでてきています。 設備投資が...
  2. 発電した電気を運ぶ送電網が足りない
    東北で発電した電気を消費地である都市に送るには 大規模な送電線の整備も必要です。 特に北海道の北部は2014年現在、日本の「風力発電の半分」を占める...
  3. 日本の送電網の課題とは
    これまで日本の送電網は既存の電力会社が 原発や火力発電所から、消費地に電力を送っていました。 そのために新たに、太陽光や風力発電に参入した会社が ...
  4. 発電した電力をどうやって運ぶのか。日本の送電網の問題点。
    送電網のインフラ整備の遅れがあります。 ある日突然、不透明な理由でつなげなくなった ビジネスをしていて、変動電源で電気が送れなくなった。 つまり、...
  5. メガソーラー事業 採算は?補助金は?
    ソフトバンクなど大手企業が メガソーラー事業への投資を検討しているといわれています。 そもそも、メガソーラーとは 全国に空いている工業団地などを活用して 巨大な...