サンプル画像

太陽光パネルのスペック(仕様)を裏のシールで確認する

太陽光パネルにもいろいろな種類があります。

その違いは、スペックです。

パネルの裏をみてみると、仕様が書いてあります。


IMAG0443.jpg

●開放電圧 最大出力時電圧
●短絡電流 最大出力時電流
●最大出力

などなど、素人にはよくわからない専門用語です。
ちなみに短絡は(たんらく)と呼びます。


「開放電圧」とは、太陽光パネルが出力できる最大出力電圧です。
「最大出力電圧」とは、最大のエネルギーを出力するときの
太陽光パネルの出力電圧のことを言います。

一方、ショートした電流を「短絡電流」といいます。

「最大出力」とは、太陽光パネルが作る最大のエネルギーの事をいいます。

ここでいろいろな専門用語がでてきて、
思考がストップしてしまいそうになりますが、
肝となる数値だけおさえることにします。

それは「最大出力」です。

たとえば50Wの電力が欲しい場合は、
50Wのパネルを購入すればいいというわけではありません。

曇りの日でもあれば、最大出力も7割程度に落ちてしまうのです。

だから、50Wの出力が必要な場合には
80W程度のパネルを用意することが安心です。

とはいえ、パネルの価格はお財布に痛いですから、
足りなければ後から追加すればよいのです。

後からパネルを追加(出力をアップ)してもいいように、
インバーターと充電・放電コントローラーだけ
あらかじめ許容範囲の多きいものを準備しておきましょう。