CIS太陽電池モジュールのデメリット

CIS太陽電池とはこれからの太陽電池の主な素材として注目されています。

今までの太陽電池パネルの素材は結晶シリコン系が使われてきました。
結晶シリコンといっても私たちが使っているPCのメモリーやCPUなどのLSIに使用されてきた半導体と同じです。

しかし、太陽電池として結晶シリコンを使う場合はどうしても厚みがでてしまう。
という欠点がありました。

これは結晶シリコン自体に光を吸収する力が低い為に
厚さでカバーしてきました。

その後、アモルファスシリコン系なども研究されてきましたが、
コスト面や耐久性を考えたときに
シリコン以外の素材としてCIS太陽電池モジュールが注目されているのです。

ソーラフロンティアがCIS太陽電池を使って
「発電効率がよい」ことを広告として全面的にだしています。

製造コストも安く発電効率もよいCISですが、
1年間でシリコン系と比較すると8パーセントも多く発電するそうです。

しかし、唯一の弱点は交換効率を出せないことといわれてきました。

太陽光の交換効率が悪いといくら発電しても
電気エネルギーにしたときに効果的に電気をつくることができません。

それでも、技術的な進歩により現在のCISは変換効率でもシリコン系と
ほとんど同じような性能になってきていているので注目されています。
これからの主流になるかもしれないですね。

タグ :