メガソーラー事業 採算は?補助金は?

ソフトバンクなど大手企業が
メガソーラー事業への投資を検討しているといわれています。

そもそも、メガソーラーとは
全国に空いている工業団地などを活用して
巨大な太陽光発電システムを作るというもの。

すでに工業団地には送電設備なども配線されているので
膨大な発電パネルを敷き詰めて事業化しようというのが
メガソーラー事業です。

地方自治体もメガソーラーには好意的で
地域経済再生の活路ともとらえています。

一定の条件に合えば、
グリーン投資減税を適用した場合の即時償却も活用できます。

メガソーラーの建設が注目されているのには
再生可能エネルギー買取制度が2012年7月から
始まったのが大きな理由です。
家庭でも1キロワットあたり42円で実際に買い取りがスタートしています。

ちなみに、宮崎県の川南町でも
利用していなかった工業団地の一部をメガソーラーの建設をすることが決定されたようです。

ちなみにメガソーラーの管理には人手は必要なく
数人の技術者だけでOKだそうで、雇用は生まない事業です。

その他にも広島県の呉市の安浦産業団地なども建設を決めてきました。

全国でも工業団地は900ヶ所もあり、
未利用の土地は有効な活用手段となる可能性があります。

長く使われなくなった不良資産が
採算を生む可能性がありますが、
はじめは42円の太陽光の買取価格は年々下がってきています。
一方、風力発電は注目されつつあります。

>>発電した電力をどうやって運ぶのか。日本の送電網の問題点が浮き彫りに?

関連記事
  1. 送電網の強化が今後の鍵
    日本の送電網は北海道と東北をつなぐ北本連系だけでなく 地域内の送電線も含めてきわめて貧弱だった・・。 という問題がでてきています。 設備投資が...
  2. 発電した電気を運ぶ送電網が足りない
    東北で発電した電気を消費地である都市に送るには 大規模な送電線の整備も必要です。 特に北海道の北部は2014年現在、日本の「風力発電の半分」を占める...
  3. 日本の送電網の課題とは
    これまで日本の送電網は既存の電力会社が 原発や火力発電所から、消費地に電力を送っていました。 そのために新たに、太陽光や風力発電に参入した会社が ...
  4. 発電した電力をどうやって運ぶのか。日本の送電網の問題点。
    送電網のインフラ整備の遅れがあります。 ある日突然、不透明な理由でつなげなくなった ビジネスをしていて、変動電源で電気が送れなくなった。 つまり、...
  5. メガソーラー事業 採算は?補助金は?
    ソフトバンクなど大手企業が メガソーラー事業への投資を検討しているといわれています。 そもそも、メガソーラーとは 全国に空いている工業団地などを活用して 巨大な...