一般的な家庭で太陽光発電システムを導入した料金は

家庭によって、建物によって価格はもちろん変わります。

安いもので補助金を活用して100万円くらいからです。
一般的なシステムだと150万円前後くらいの金額です。

それでも2009年あたりだと平均で200万円から250万円くらいでしたが、
価格も普及に伴い下落しているのでしょうか。

solar13.jpg

実は毎年政府が決めている販売価格があります。
これが毎年下がってきていることもあり、
導入価格も下がってきているのです。

政府が価格を決めるとはどういったことなのでしょうか。
この金額以内で太陽光発電を販売しないと補助金を出さないという
明確な数字を出しているのです。

販売会社も政府が提示した金額以内に収めないと補助金を認めないことになっています。
これにより業者もいやでも値段を下げざる得ない実情です。

関連記事
  1. 調機能付きLED電球を調光機能付き白熱灯につけていいのか。
      今仕事部屋で使っている天井照明は、丸型の蛍光灯です。 【現在=丸型40W 2680 lm】の消費電力となっています。   ...
  2. 太陽光発電の維持・メンテナンスのツボとは
      太陽光発電システムを維持するには、メンテナンスが必要になります。 はじめに多くの投資をするのが、太陽光発電システムですが、維持・メンテナン...
  3. 太陽光発電アドバイザーのDVD教材
    太陽光発電にたずさわる方も増えてきました。 体系的に知識を習得したい。 という方も多いのではないかと思います。 アマゾンでも、NPO法人 日本住宅性能検査協会 ...
  4. トリナソーラーの保障は25年
    トリナソーラーのパネルってどうなの? トリナソーラーという外国製の太陽光パネルが最近流通しています。 性能や耐久性も気になります。 英語では Trina sol...
  5. ソーラーパネルの価格は同じメーカーでも業者によって違った!?
    ソーラパネルの価格は、業者によって違います。 キロワット数によっても違います。 まずは、シャープ、パナソニック、東芝など、 どのソーラーパネルにするか決め手から...
  6. 世田谷区の太陽光発電は本当に安いのか?
    世田谷区では太陽光発電を普及させるために 区民が安く設置できる「せたがやソーラーさんさん事業」というのを始めたらしい。 2012年の8月から世田谷区の1000戸...
  7. 太陽光発電 補助金には3種類あった
    国・政府が出す補助金で1年間を通じて支給されています。 されているもので件数が決まっているので早い者勝ちです。 このほかにも都道府県が出す補助金、市区町村単位で...
  8. 屋根への太陽光設置。どういったトラブルがあるか。
    屋根に穴を開けたままその後の保障はしないというクレームもあるのが現実です。 保障がどうなているのかは事前に確認すべき項目です。 メーカー保障なのか、販売会社保障...
  9. ソーラーパネルは物の価格ではない
    自動車の見積もりと違って太陽光発電の見積もりは 組み合わせもたくさんあります。 パネルメーカー、使う部材、どういった目的の発電をしたいのかにより オーダーメイド...
  10. 発電効率のもっとも高い地域とは
    沖縄が暑いから最も発電できるわけれはありません。 実は北海道と沖縄では発電量がかわらないのです。 日本では静岡県が安定した気候で日射量も多い地域が発電効率がよい...